■ サイトは作っただけでは意味なし ■
■ 検索エンジンにインデックスされてなんぼ ■

サイトの住民登録

サイトを作って、サーバにアップロード、放置したりはしていませんよね?
それだけでは、検索エンジンにインデックスされません。

検索エンジンにインデックスされない限りは、
そのサイトは、インターネット上に存在しないも同然ですから。


サイトアフィリエイトの場合、
報酬をもたらしてくれるメインサイトはもちろんのこと、
バックリンクを供給するサイトも検索エンジンに知ってもらえないと、
バックリンクの効果もありません。

サイトを作ったら、検索エンジンにインデックスされる、
いわば、住民登録されることが極めて重要です。

ロボットは勝手には来ない

検索エンジンは、ロボットというものを使って、
インターネット上を巡回しています。
このロボットが、日夜、新しサイトや更新されたサイトをチェックし、
検索エンジンのデータベースに登録します。

検索エンジンとしては、
インターネット上のすべての情報を網羅したいので、
新しいサイトはどんどん見つけたいと思っています。

しかし、まったく新規に作られたサイトを、
ロボットは自動で見つけることはできません。

道のないところに新しい店を作っても誰にも気づかれないのと同じです。
まずは、新しい店ができたことを宣伝しないとお客さんは来ません。

したがって、新しいサイトを作ったら、
何らかの方法で、その新サイトの存在をロボットに教える必要があります。

余談ながら、このロボットは、
別名、クローラとかスパイダとも呼ばれます。

ロボットに存在をアピールするには

検索エンジンにインデックスしてもらうには、
ロボットにサイトを知ってもらう必要が有ることはわかりました。
では、そのロボットに自分のサイトを教えるにはどうすればいいでしょうか?

他のサイトからリンクする

検索エンジンにすでにインデックスされているサイトから、
新しく作ったサイトにリンクする方法です。
すでにインデックスるされているサイトには、
ときどきロボットがやってきますから、
そこに新しいサイトへのリンクがあれば、
それをたどって新しいサイトにロボットがやってきます。

無料ブログからリンクするのはよく使われる手法です。

要するに、これがバックリンクそのものです。

この方法はよく使われる反面、問題もあります。

まずは、面倒です。
例えば、無料ブログからリンクするにしても、
新しい記事を書く必要があります。
難しくはありませんが、それなりに面倒な作業です。

また、同じブログばかりからあちこちへのサイトに
リンクするのは不自然ですから、
多数のリンク元ブログが必要になります。

ブログが多くなると、その管理も面倒になります。

SBMに登録する

SBM、つまり、ソーシャルブックマークですが、
これに登録することもよく使われる方法です。

こちらは記事を書くほどには面倒ではありません。

しかし、一つ、あるいは、少数のSBMに
大量のサイトを登録するのもやや不自然です。
そのため、こちらも多くのSBMを使う必要があります。

ところが、SBMのサービス自体が最近は縮小方向です。
2011年にはFC2がSBMサービスを終了させ、
2012年にはJUGEMもlivedoorもやめました。
2013年の7月にはYahoo!もSBMサービスをやめます。
※Yahoo!のブックマークサービスの終了は撤回されましたが、
公開機能はなくすことになったので、SMBとしては機能しません。

SBMはこのように縮小方向なため、将来が不安です。

中小検索エンジンに登録する

GoogleやYahoo!と言った大規模な検索エンジンとは別に、
個人レベルでやっているような中小の検索エンジンも世の中に多数存在します。
こうしたところには、サイト運営者が自分で登録できます。
そのため、ここに登録するのもGoogleなどの検索エンジンロボットに
来てもらう方法の一手段です。

しかし、実際のところ、中小検索エンジンに登録しても、
私が試した限りにおいては、思ったような効果は得られませんでした。

また、中小検索エンジンなるものが、ある意味特殊です。
はっきりと言ってしまえば、SEOをやりたい人しか知らないようなものです。
言い換えれると、中小検索エンジンに登録することは、
「私、SEOやってます」と公言しているようなものです。
そうしたところからのリンクは、
検索エンジンロボットもあまり評価していないのではないでしょうか?
これが、思ったような効果が得られなかった原因かと想像します。
あくまで、想像の範囲ですが…。

検索エンジンに直接伝える

無料ブログからのリンクとかSBM登録とか、
そういう周りくどいことをしなくても、
検索エンジンに直接伝える方法があります。

例えば、Googleなら、ウェブマスターツールというものを使えば、
直接、新しいサイトの存在を検索エンジンに伝えられます。

これなら間違いなく、ロボットは新しいサイトにやってきます。

ウェブマスターツールに登録するには
Googleのアカウントを使ってサイトを登録します。
ここが、実は問題です。
つまり、ここに登録したサイトは全て私のサイトです、と
Googleに教えてしまうことになります。
メインサイト、バックリンクサイト、その他多数登録すると、
すべて自分のサイトであることがGoogleに伝わってしまうのです。
バックリンクは自作自演であることがバレてしまいます。
実際、「ウェブマスターツールに登録したらサイトが飛んだ」という話しも聞きます。

ウェブマスターツールに登録するのは強力な反面、
リスクも抱えているといっていいでしょう。

そのため、たくさんのGoogleアカウントを
使い分けているという方もいらっしゃるようです。

pingを送信する

サイトの更新情報を検索エンジンに直接伝える方法がもう一つあります。
それが、更新pingと呼ばれるものです。

サイトに新しいページを加えたり、既存のページを更新した際に、
それをpingサーバに通知するのが更新pingです。
更新情報を受け取ったpingサーバにはその情報が掲載されます。
そこからロボットがたどって自分のサイトにやってきます。

また、検索エンジン自体もpingを受け付けているため、
直接、検索エンジンへのアピールもできます。

これなら、ブログへの投稿のようにわざわざ記事を書く必要はありませんし、
自作自演とがバレるとか、そういうリスクもありません。
pingサーバに更新情報を送信するのは当り前の行為ですから。

また、サイトにページを追加するごとに
無料ブログにリンクを掲載したりSBMに登録するのは不自然ですが、
ping送信なら、そもそもが更新を伝えるものですから、不自然さはありません。

ping送信の機能は、無料ブログはほぼ間違いなく備えています。
また、WordPressにもその仕組が備わっています。
無料ブログやWordPressはインデックスされやすいと言われますが、
その要因の一つが、この更新pingの送信という仕掛けです。

よし、じゃ、pingを送ろう!

検索エンジンロボットを呼び込むにはpingを送るのが良いことがわかりました。
じゃ、pingを送りましょう。

そうは問屋が卸さない

実は、HTMLでサイトを作っただけでは、ping送信はできないんです。

pingは元々サイトの更新情報を通知するものです。
そのために、「このページが更新されました」という情報を用意しなければなりません。
それが、RSSというものです。

このRSSをpingサーバに送信することこそが「pingを送る」ということなのです。

高機能なサイト作成ツールにはRSSを生成してくれるものがあります。
こうしたツールを使っているのなら、簡単にRSSは用意できます。

しかし、その機能を持っていないツールも多くあります。
その場合は、RSSは、別途、用意しなければなりません。

また、サイト作成ツールは使わずに、
HTMLテンプレートを使ってサイトを作ったのなら、RSSはありません。

高機能ツールなら問題ないとは言っても、
メインサイトもバックリンクサイトも同じツールで作ったサイトばかりだと
すべて同じ構造で、いかにも怪しげなリンクですよね。
そのため、SEOの効果を考えた場合、いろんなツールでサイトを作ったり、
ツールは使わずにテンプレートをベースに手動でサイトを作ったりして、
色んなパターンのサイトでリンクさせますよね。

しかし、そうしたサイトではRSSがないのでping送信ができません。
バックリンクサイトも、まずは検索エンジンにインデックスされないことには、
バックリンクとしての効果がゼロです。

つまりは、なんとかしてRSSを用意しなければならないのです。

RSSを用意したい

RSSはそのサイトの更新情報を集めたファイルです。
ですので、手動で作ることも不可能ではありません。
しかし、専用の書き方(文法)に則って作らなければならず、
また、そもそもどのファイルが更新されたかを
手動で見つけなければならないので、手動作成は現実的ではありません。

こういうときこそ、ツールの出番です。

探してみると、RSSを作ってくれるツールはいくつか見つかりました。

しかし、どれも使い方が面倒…。

ツールにサイト情報を登録したり、
手動で入力する項目がたくさんあったり。

RSSの機能をきちんと使いこなすには、
そういう細かなことも必要なのはわかります。

しかし、ここでの目的は、
検索エンジンロボットにサイトが更新されたことを伝えたいだけです。
できるだけ簡単に済ませたいのです。

また、RSSを作ったら、それがどのファイルなのかをindex.htmlに
書き込む必要があるのですが、
その部分は手動でindex.htmlを書換えなければならなかったり。

作業の効率化のためにツールを使いたいのに、
使い方が難しいツールなんて、本末転倒です。

RSS生成専用ツール

世の中のツールを調べましたが、
どれも、私の目的に合うものではありませんでした。

  • 操作がシンプル
  • 手動入力は必要最小限
  • index.htmlの書換えも自動

つまり、最小限の労力で、ping送信の環境を整えてくれるツールが欲しいのです。

ないなら作りましょう!

ということで、できました

名前は、

rockss

と命名しました。

実際の動作は動画で見てもらった方が早いですね。
音声は入っていません。



説明するまでもないと思いますが、
サイトデータの入ったフォルダをツールにドロップし、
あとは、サイトのURLを入力して「処理実行」というボタンを押すだけです。

これだけで、RSSを作って、index.htmlに必要な変更を加えます。

URL以外の情報はサイトデータを解析して適当と思われるものを自動で設定します。
内容を変更したければ、その場で編集できます。
URLだけは、サイトデータ内には入っていないので手動で入力します。
一旦、このツールで処理したサイトなら、二回目以降はURLも自動で設定されます。

操作の簡単さに徹底的にこだわったツールです。

これまでは、サイトを作ったらFTPでサーバにアップロードしていたと思いますが、
FTPの前に、このツールでサッと処理するだけで、RSSが作られます。
あとは、これまで通り、FTPでアップロードすればOKです。
これでping送信可能なサイトのできあがりです。

ツールの特長

上の説明でも書きましたが、このツールの特長をまとめておきましょう。

  • 直感的でシンプルな操作
  • 処理対象ファイルは、html、htm、php
  • index.htmlへのRSS情報書込みも自動
  • 日本語ドメイン対応
  • サイト更新時のRSS作成にも対応

このツール自体にはping送信機能はありませんが、
世の中には非常に便利なサービスやツールがあります。
そうしたサービス等はマニュアルで紹介しておりますのでご安心下さい。

※PHPファイルは、<head>セクションが通常のHTMLで記述されているものに限ります。
プログラムで動的に生成されるものには対応しておりません。
また、その他にも対応できない場合があります。ご了承下さい。


販売情報


価格など

頑張って作ったサイト。検索エンジンにインデックスされないと始まりません。
バックリンク用のサイトであってもインデックスされなければ意味がありません。
このツールはそのインデックスさせるための作業を飛躍的に楽にしてくれます。

「このツールさえ買えば稼げる!」という物を期待している方には、
まったく意味がわからないツールでしょうが、
インデックスさせることの重要性をよく理解なさっている
サイトアフィリエイタの方なら、「9,800円なら安い」と思われるでしょう。

開発業者に委託すれば、当然、こんな値段じゃ作れませんからね。

とはいえ、せっかく作ったツールですから、
多くの方に使って欲しいという思いもあります。

そこで、エイヤッ!と、3,000円ということにしましょう。

商品情報

商品形態

  • ダウンロード版

商品内容

  • ツール本体(ソフトウェアプログラム)一式
  • マニュアル(PDF)21ページ

動作環境

  • OS: Windows XP、Vista、7
  • .NETFramework 3.5SP1以降
  • CPU、RAM、HDD(SSD)は上記OS等が問題なく動作すること
  • ディスプレイサイズは縦が768ドット以上

サポート期間

  • 14日間

決済方法

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • コンビニ決済
  • BitCash
  • ちょコムeマネー



          クリックして下さい
                 ↓  ↓  ↓



※ツールの仕様は予告なく変更することがあります。ご了承ください。
※返金保証はありません。






モニタの方々の声

itoKさん

私はサイト作成は、最近までシリウスかWPしか使っていなかったのですが、
たまたま見つけたレスポンシブウェブデザインの
無料テンプレートを使い出した時に、
ちょうどrockssのお話があったので、モニターに応募させていただきました。

作成したサイトを検索エンジンにインデックスさせるために、
シリウスやWPでは普通にPing送信ができるので、今までその機能を利用していたのですが、
普通のHTMLテンプレートの場合は通常ではPing送信の機能が無いため、
無料ブログでの被リンクという面倒な作業が必要でした。

しかも、新規で作成した無料ブログを利用した場合、
まずブログ自体がインデックスされないといけないので、
リンク先のHTMLサイトがインデックスされるまでの時間が、
Ping送信に比べて遅いことが不満でした。
(一番長くかかったサイトで、インデックスされるまでに3週間かかったものもあります。)

また、サイト更新時は新規ページが認識されるまで時間がかかるので、
さらに不満が募っていました。

そんなこんなで、
普通のHTMLテンプレートのサイトでもPing送信できないかと考えていたところに、
Ping送信に必要なrssファイルを作成してくれるツールのお話しがあり、
思わず飛びついてしまいました。

というかそもそもPing送信にrssファイルが必要だということも知りませんでしたし、
rssファイルがどういうものかもよくわかっていませんでした。

今回のツールのモニターをさせていただくことで、
Ping送信の仕組みやrssファイルの役割についても学ぶことができました。

ブログ被リンクは、どちらかというとクローラーが来るのを待つ受身の手段です。

Ping送信は、サイト作成やサイト更新(新規ページ作成)を、
検索エンジンに積極的にアピールすることができるので、
サイト作成のモチベーションにつなげることができると思います。

クローラーが来るのをただ待ってるのが我慢ならない
せっかちな人には必須のツールと言えるでしょう。

簡単操作であっという間にrssファイルが作成できる、
かゆいところに手が届く素敵なツールだと思います。

沼田さん

私はサイトアフィリをメインに行なっておりますが、
サイトを少しでも早くインデックスさせる為に、
ブログのようにpingを送信させたいな~と漠然と考えてはいたものの、
何を準備すればいいのかさえ全くわかっていない状況でした(汗)

調べてみるとサイトアフィリでping送信を使うためのフリーツールがあったので、
どんなものかと試しにダウンロードして使ってみたものの・・設定項目が多くて
わかりづらく、かなりの手間と時間がかかりそうだったので、使用を断念して削除(笑)
手軽にping送信をするのは難しいのか・・・orz
と諦めていたそんな折、、、

このrockssの紹介がありまして、縁あって使わせていただく事に。
めっちゃ簡単にRSSファイルの作成が出来るんですね、このrockssは♪

pingの送信機能こそ無いものの、マニュアル内に無料のping送信ツールが
紹介されているので、そこは心配無用w

インストールも数クリック、1分もかからずに完了しますし、
作成するRSSファイルだって

作ったサイトの入ったフォルダをD&D⇒サイトURLを入力⇒実行ボタンを押す!

このたった3工程で完成!
と、実にシンプルな操作で迷う事もありません。処理時間もあっという間です♪

サイトアフィリをしていて、SEO対策の一つとしてping送信を導入しようと考えて
いるのでしたら、このrockssを使えば無駄な時間もかからずサクッと準備出来ますよ。

これからは、サイトを作ったらまず「rockssに放り込む」を手順に加えますw
便利なツールを造って頂き、感謝です。ありがとうございました。


ふらわーさん

このツールをモニターさせていただくまで、
htmlテンプレートとかサイト作成ツールでも普通にアップロードすれば、
検索エンジンにインデックスされるものと思ってました。

RSSファイルという意味や存在も全くよくわかってませんでしたので、
アフィリエイトを2年くらいやってはいるものの、
やはりサイトについて自らの勉強不足を実感した次第です。

このツールは、
対象のフォルダをドロップさせて、処理実行ボタンを押すだけです。

ですので始めて操作したときは全く慣れないながらも、
このトンチンカンな頭でも15分行くか行かないかで処理が完了しましたし、

慣れれば5分もいかないくらいのあっという間の速さで操作できると思います!

このツールはインデックスの効果をすぐに確認できるものではありませんが、
サイト作成を続けていくにあたって、影武者のような地味な存在のツールながらも、
実はとても重要なツールだと思います。


コバさん


ブログがホームページより好まれる機能のひとつに”Ping配信”機能があります。
更新毎だけでなく、ツールなどを使えば、いつ何時でも配信は可能です。

検索エンジンにいかに早く、自分のサイトの存在を認識してもらえるか、
SEOには、欠かせない重要な要素の一つです。

中には●●●●●や●●●●●などの高性能な某ホームページ作成ツールなら、
”Ping配信”機能をホームページ作成の際に埋め込む事も可能ですが、
一般のツールなどでは、そういきません。

一部、後から”Ping配信”機能を埋め込めるツールもありますが、
いかんせん、修正等、とても手間のかかる作業が必要になります。

1つや2つ・・・少ない数なら、いざ知らず、大量の数のホームページを必要とする
サイトアフィリエイターにとっては、ものすごい負担になってしまいます。

結果、必要最小限のサイトのみ、”Ping配信”機能を埋め込み、その他は、
そのままアップロードと言う事が大半だと思います。

考えてみれば、実に「もったいない」話です。
汗水たらして、苦労して作ったサイトの多くは、ちょっとした機能がないだけで、
その効果も半減してしまうのです。

私は長年、そのジレンマと悩みに葛藤しながら、いつかどこかに、もっと便利で簡単に
”Ping配信”機能を埋め込めるツールは無いものか、探していました。

幸運にも今回、、rockssのモニタ募集のお話を聞く好機に恵まれ、
1・2もなく参加させていただいた次第です。

この場をお借りして、お礼を言わせて下さい、心から感謝いたします。
そして、すばらしいツールのご提供、本当に、ありがとうございます。

とにかく、その操作性の優れた事・・・驚愕です!

必要最小限のデータの打ち込みだけで、後はサイト・ファイルの入ったフォルダを
専用スペースへドラッグするだけで、あとは全て自動でやってくれます。

まさに、私が探し求めていた、いや、それ以上のツールです。

マニュアルも、動画がふんだんに取り入れられ、分かりやすく親切に作られ、
初心者の方などには、とても、ありがたい事と思います。

とにかく、手にとって、そして、使ってみて下さい。
その操作性に驚愕し、もう手離せなくなるでしょう。

今まで、有りそうで無かった、高機能かつ優れた操作性、秀逸ツールの誕生です。

ぜひ、rockssを使って、更なる貴方のアフィリエイトを加速して下さい。

Q&A

Windows 8で動作しますか?
Windows 8でも動作するはずですが、充分な環境が用意できないため検証不足です。
もし、動作しない場合は、ご連絡頂ければ可能な限り対応します。

Macで動作しますか?
本ツールはWindows専用です。
Mac上でWindowsを動作させればこのツールも動作するかもしれませんが、保証外です。


サイトのアップロード(FTP)はできますか?
本ツールにはFTPの機能はありません。
これまでにお使いになっている慣れたFTPツールをそのままお使い頂ければ大丈夫です。


ping送信はできますか?
できません。
本ツールは、RSSファイルを生成するものです。
ping送信は世の中に便利なサービスがありますので、そちらをご利用下さい。
そうしたサービスについてもマニュアルに記載しております。



このツールを使えば、必ずインデックスされますか?
ping送信したからといっても、必ずインデックスされるとは限りません。
また、インデックスされるまでの時間も不定です。
これらは、検索エンジン側の判断に任されています。

実験として、32サイト新規作成し(いずれも無料サーバ(国内外数カ所))、
このツールでRSSを生成し、オンラインのping送信サービスを使ってping送信したところ、
二日後には19サイトほどインデックスされていました。
その後、徐々に増えていき、一週間ほどで27サイトがインデックスされました。
その後は、二週間経っても残りの5サイトはインデックスされませんでした。

サンプルサイトは最初に作ったままで、コンテンツの追加等は行なっていません。
ping送信も一度行っただけです。
その他、他からリンクしたりSBMに登録したりといったSEO対策は一切行なっていません。
他の対策はまったく行わずにこれだけインデックスされれば、
作業効率はかなり高まると個人的には感じています。

参考になさって下さい。


ブログでも使えますか?
無料ブログやWordPressなどは、それ自身がping送信機能を持っています。
したがって、このツールは必要ありません。


SIRIUSで作ったサイトにも使えますか?
SIRIUSはそれ自身がRSS作成機能を持っているため、rockssを使う必要はありません。

同様に、パーフェクトトレジャーやホームページビルダーにも
RSS作成機能がありますので、それらのツール自身の機能を使えば大丈夫です。

その他のツールをお使いの場合は、
そのサイト作成ツールにRSS作成機能があるか否かをご確認下さい。


このツールを買えば稼げますか?
これまでの説明をお読みになった上でそのような疑問が生じたのであれば、
私の文章が至らなかったゆえだと思われます。申し訳ありません。
おそらくは、あなたのお役に立てないはずですので、購入なさらないで下さい。

返金保証はありますか?
ありません。

          クリックして下さい
                 ↓  ↓  ↓




QLOOKアクセス解析